スポンサードリンク



私は革製品が好きです。

雨の日用にナイロンや合皮のバッグも持っていますが、雨以外は本革を持ちます。
本革は使い込めば味も出るし、お手入れすれば一生物になるから好きです。


ただ本革は合皮のように使いっぱなしにすると劣化が始まるので、時々お手入れはしないといけません。


013



昨日はグッチのバッグで出かけました。

このバッグはいつも一緒によく出かけるお友達(35年来の友人)が、たった1度だけ使って
自分に似合わないからと、確か35,000円で譲ってもらった物です。


このバッグの小さいリボンの飾りがどうしても自分に似合わないという理由だけで譲ってくれました。
(友人はボーイッシュなタイプの女性)

その友人はお金持ちです。年に何度も20万ほどのブランドバッグや財布 ジュエリー等を買っています。
もちろん本物。
飽きたらすぐ質屋に売り払うそうですが、1度使っただけで買い取り価格は半額になるそうです。
このバッグは半額以下で譲ってもらいました。多分最初10万円ほどで買ったんじゃないかな。


譲ってもらったのは6年ほど前。
白っぽい色だと汚れが目立つんじゃないかな?と思うのは間違いです。
6年使ってるのに綺麗なままで特に目立った汚れは有りません。


でも本当はお手入れしないと汚れは溜まって来ますよね。


角は特にカサカサして来ます。
015



私は2度使ったら最低1度は専用クリーム(ラナパー レザー トリートメントで革に栄養分を与えます。
(本当は毎回磨けばいいんだけど、サボりがち)
蜜ろうやホホバオイルが原材料です。

016



ラナパー金属部分にも錆び予防として使えるので便利です。
スポンジや布につけてベトつかない程度に塗りこみます。

022


グッチのマークもピカピカになりました!財布等のファスナーのすべりも良くなります。



018

このボッテガの財布も同じ友人から1万円で譲ってもらいました。もちろん正規品で未使用品。
(友人はこの財布の同型を何故か色違いで5~6点持っていた・・・(((( ;゚д゚)))

その話は以前もブログで書きましたね。


さすがに財布はバッグよりも角スレが早いです。カサカサして来ます。

020



しかし、ラナパーを塗り込めばこのとおり!

024


注意 シャネル等ラム、シープなど特に繊細な革は色が濃くなったり 艶が落ちる場合があるので、目立たない場所で試してからお使いください。



革のソファーや靴などにも使えるし、ドアの蝶番(金属)にも使えばドア開閉時の嫌な音の改善にもなります。

そして木製品にも使えます。
私の家のダイニングテーブルはムクのパインなので、塗装がされていません。

ワトコオイル等を塗るのが一般的ですが、たまたまその時切らしていたので、ラナパーで栄養分を補給!

パインはしっとりとてもイイ色になりました♪ (透明なんだけどカサカサしてたパインがしっとりとなる)


私は大きいのを買いましたが、買ってから6年経ってもまだ3分の2はあります。長持ちします。





ってことで、今回は革製品のお手入れ方法でした。



洋服にブラシをかけたり、革製品にクリームを塗ったりすれば愛着が湧くし、
小さい汚れ 破れ 痛みなどもみつけることが出来ます。
大きく修理する前の小さな痛みの段階でみつけられるので、もし修理するとしても安く付く場合が多いです。

予断ですが白い靴、白いバッグは汚れが目立つからと敬遠されてる方も多いかと思いますが、
ちゃんとお手入れさえすれば汚れは溜まらずに済み、白いバッグも何年でも綺麗なまま使えます。


白は何にでも合わせやすく、さわやかでオシャレな印象になるので、
是非チャレンジしてみてください!



スポンサードリンク
 


--------------------------------------------------------------------