スポンサードリンク



先日TVを見ていたら消費税増税分を自力で浮かせる方法を
ファイナンシャルプランナーが話していました。


番組では医療保険を見直しましょうということでしたが、一日1万円の入院保険は必要ないかもしれないそうです。
その理由は・・・・・

平成27年1月診療分から
所得区分
自己負担限度額
多数該当
①区分ア
(標準報酬月額83万円以上の方)
252,600円+(総医療費-842,000円)×1%
②区分イ
(標準報酬月額53万~79万円の方)
167,400円+(総医療費-558,000円)×1%
③区分ウ
(標準報酬月額28万~50万円の方)
80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
④区分エ
(標準報酬月額26万円以下の方)
57,600円
⑤区分オ(低所得者)
(被保険者が市区町村民税の非課税者等)
35,400円



我が家は低収入なのでこの表の④番ですが、一般的には③番の方が多いでしょう。

p8074836-500x375


その場合、例えば入院で一ヶ月100万かかっても、健康保険で3割負担として実際は30万支払います。
その後(入院の前後どちらでも良い)申請して、
実際は8万数千円以上を超えた分は戻ってきます。

1日で計算すると約2900円しか、かかっていない計算になります。
5,000円医療保険が出ると30日で15万円。
それプラス医療保険で、例えば手術費が10万出るとすると
保険から入るのは25万円。

でも実際は8万数千円しか払っていないので日額5000円の保険でも充分だという話でした。


そもそも入院するとも限らないのに多すぎる保障は不要な場合があるそうです。

例えば30歳で日額1万円の保証のために
毎月5,000円を支払うよりも日額5,000円の保証で月々2500円に落とすと
30年で一人90万浮き
、夫婦二人で180万違う計算になります。
その差額を貯金しておくとと、充分入院費を支払えるそうです。

最先端医療を受ける場合は、例えば500万ほどかかったりしますが
治療が終わった時点で、保険が下りる前に自腹で500万を支払います。
その後保険申請して、数ヵ月後に500万が出るので
一旦支払える人しか、最先端医療を受けることが出来ないそうです。
   ※(私が聞いた話では最近は先に500万出る保険も出て来ているはずですが・・・?)

そういうことをズバっと言ってくださるのがFPさんです。
保険マンモスさんで無料相談に乗ってくださるFPさんを紹介してくださいます。




我が家の場合も14日間の入院をしても保険から出るお金(日額5,000円)で少しお釣が出ました。
ただ、今加入している保険が最善だとは思っていません。
結婚して26年間に見直したのは2度だけです。
全く時代に合っていない保険に入っているので、夫の年齢に見合った保険に入りなおそうと思います。



生命保険は住宅ローンの次に大きい出費になるので
3年に一度は見直す必要があると番組は締めくくっていました。


スポンサードリンク
   


--------------------------------------------------------------------